健康食品としての青汁

地中海沿岸に生息している青汁の代表的な材料は、日本でも育てることができるので家庭菜園でも多く栽培されています。栄養価が高いもののそのままでは飲むことがむずかしい区他の材料との組み合わせで、だれでも気持ちよく飲めるように調整されています。最近は企業での研究開発が進み、栄養成分を含んだ材料が使われるようになり、便秘の解消、ダイエット効果、血中コレステロールを下げるあるいは高血圧予防など、その効果は非常に幅が広くなっています。最近では老化を促進させる活性酵素除去にも効果があるとされ、アンチェンジングや美肌効果への期待が高く、ますます人気を呼ぶ要因になっているようです。


<栄養バランスを重要視>

大麦若葉やケール等はミネラル成分やビタミンを多く含んでおり、さらに植物繊維などによる腸内環境を良好に保つ効果もあるので便秘の解消にも役立ち、すっきりした日常生活の後押しをしてくれます。青汁を製造している企業の研究開発も充実してきており、今後ますます科学的根拠に基づく効用が明らかにされ、その人気も増してくるものと思われます。


<無農薬野菜への期待>

人気の青汁だけにいろいろな企業が参入していますが、無農薬栽培かどうか、生産地が不明などが疑われる場合は注意し、健康のために飲用するので製造管理がしっかりしている企業の製品を選ぶことが大切です。